弊社では、混合廃棄物を手選別、及び機械選別を行うことによって、

高いリサイクル率の維持・向上に努めております。


弊社中間処理施設にお越しいただきましたら、入口左手に
ございます。

スケールで計量後、スタッフの誘導で荷下ろしをしていただきます。


荷下ろしをした廃棄物を、重機と人手により

粗選別いたします。

ここでは主に、廃プラスチック、金属くず、紙くず、

木くずに分けます。


人手により粗選別できない廃棄物を
フォークスクリーン(選別機)へ投入。


選別機を通した後も、選別しきれない細かな不純物を
再度、手作業により選別いたします。
ここでの妥協を許さない作業が、
80%以上の高いリサイクル率
を可能にしています。


手選別ラインを通過後、破砕します。



破砕後、約41ミリ以上の廃棄物は風力で可燃物と再処理物
(混合物)に選別します。

第一段階で約10ミリ以下の廃棄物を不燃物として選別。
第二段階で約11ミリの廃棄物を振動でふるい落とし、
次のラインへ。

当選別ラインで50mm以上の廃棄物は再度破砕機へ。
上記の工程を繰り返し、徹底的に選別します。


全ての工程を経た処理物は、種類別に保管。
リサイクル可能なものは提携先加工工場へ。
リサイクル不可能なものは最終処分場にて適正処分いたします。


混合廃棄物処理フロー

混合廃棄物のリサイクル 汚染土壌浄化・埋設廃棄物処理 プラスチック・金属リサイクル 解体工事 
ピット清掃
アクセスMAP